復縁のタイミングと期間:別れた原因が元彼の浮気の場合

元彼に浮気をされて別れることになったあなた。

 

今の心境はどうですか?

 

 

悔しい?

 

腹立たしい?

 

悲しい?

 

怒りでいっぱい?

 

 

すべて入り混じっている心境ではないでしょうか?

 

 

それでも、元彼のことが好きなんですよね?

 

 

それってすごいことだと思います。

 

 

それだけ元彼のことを想っている元彼は幸せ者です。

 

 

今度はあなた自身の幸せを考えてみましょう。

 

 

浮気をされたけど、元彼のことが忘れられない復縁希望のあなたへ、

 

復縁のタイミングなどについてご紹介します。

 

参考になればうれしいです。

 

 

元彼の浮気で別れることになった場合の復縁のタイミングと期間は?

復縁の前に大切なあなたの気持ち

 

復縁の前に、あなたにとって、とっても大切なことがあります。

 

 

 

『相手を心の底から許す』

 

 

 

ということです。

 

 

元彼がどうのこうのではなく、

 

まずあなた自身が、元彼のことを本当の意味で許すことから復縁は始まります。

 

 

そして、

 

 

『今回の浮気を責めない』

 

 

これも大切です。

 

確かに、元彼があなたを裏切って、浮気をしたことは、よくありません。

 

 

しかし、それを責めては復縁は絶対にありません。

 

責めて生まれるのは、憎しみとあつれきです。

 

 

 

自分自身に問いかけてください。

 

 

『本当に許せるの?』

 

『本当に責めないの?』

 

 

この2つが自信を持ってできるというところから復縁のプロセスは始まります。

 

もう一度確認してみてください。

 

 

 

復縁までの期間はどれくらい?

 

今現在の元彼の状況によって異なります。

 

 

今現在浮気相手と付き合っている場合

 

元彼が今、浮気相手と付き合っている場合は、

 

元彼が浮気相手と冷めるのをまずは待ちます。

 

 

そして、その間に、あなたは、

 

 

なぜ元彼があなたから離れて浮気をしたのか?

 

 

を考えましょう。

 

 

元彼が悪いのは当然ですが、あなたにも原因はありませんでしたか?

 

 

束縛しすぎた?

 

わがまま言いすぎた?

 

元彼の気の迷い?

 

 

実は、意外と、『気の迷い』は多いですよ。

 

 

私にも実際に、気の迷いで浮気をした友人がいますが、

 

結果的に復縁をしています。(この時の男女とも私の友人です)

 

 

ですから、決してあきらめる必要はありませんが、

 

元彼が、浮気相手と浮ついている間にしっかり自分を見つめて磨いてください。

 

 

基本的には、行動開始は、浮気相手と別れた後からになりますが、

 

往々にして、浮気相手と長く続くことはあまりありません。

 

『隣の芝生は青く見える』

 

だけですから、3~6ヶ月後くらいからが勝負ですね。

 

 

今はフリーの場合

 

今、元彼がフリーの場合は、積極的に行動は避けます。

 

浮気が原因であなたと別れて、元彼がフリーということは、

 

あなたに対して負い目を感じています。

 

 

そこへ「戻っておいでよ」といわれても、男のメンツもあるし、

 

申し訳ないと戻ってこないことがほとんどです。

 

 

男のメンツは面倒ですね。しかし、男ってそういう生き物であることをご理解ください。

 

 

ですから、程よく冷却期間を置く必要があります。

 

少なくとも1ヶ月~3ヶ月はおきたいところです。

 

 

これ以上となると、新しい恋の可能性があるので危険ですね。

 

まずは、冷却期間をおいたのちに復縁に向けて連絡をとっていきましょう。

 

 

どんなタイミングでアプローチをするの?

 

タイミングとしては、偶然を装う必要はありません。

 

 

最もやりやすいタイミングは、イベント事の前です。

 

グループで花火大会に行くとか、カラオケに行くでもかまいません。

 

イベントに誘って連れ出すことです。

 

 

連れ出したら、あなたの変わったところをアピールして、

 

あなたがもともと魅力的な女であり、今現在は、さらにそれに磨きをかけている

 

ことに気づいてもらいましょう。

 

 

そうすることで、元彼は、あなたの魅力を再確認するはずですよ。

 

 

元カレと前を進むために

↓   ↓

浮気をされたあなたが元カレを信じるために必要なことは?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ