元カレと連絡をとりたい気持ちになった時にどうすればいい?

元カレと別れて3ヶ月。

 

 

毎日毎日考えるのは、元カレのことばかり。

 

連絡を取ってみたいけど、どうしたらいいかわからない。

 

 

電話してもいいのかな?

 

LINE送ってもいいのかな?

 

既読がつかなかったらどうしよう?

 

 

なんて悩んでいませんか?

 

 

人間ですから、元カレに連絡が取りたくなる気持ちはありますよね。

 

私も男ですが、元カノと連絡が取りたくなるときはありました。

 

 

でも、迷惑だったり、すでに今カノがいたりしたらどうしようと思って、

 

なかなか踏み出せないものです。

 

どうしたらいいのでしょうか?

 

 

元カレに連絡したくなったときにはどうしたらいいの?

日記を書く

 

どうしても元カレと連絡が取りたくなっても勇気が出ないことがあります。

 

それは、迷惑だったり、今カノがいたりしたらどうしようと、

 

色々なことを考えてしまうからです。

 

 

こんな時は、まずは、自分自身に問いかけてみましょう。

 

 

「なぜ連絡がとりたいの?」

 

「そんなに元カレのことが好きなの?」

 

 

って。

 

 

そして、まずは、日記を書いてみることをお勧めしています。

 

自分の率直な今の気持ちを日記に書くんです。

 

誰が見るわけではない、自分が後から見るものなので、

 

素直な今の気持ちを文字にしてみましょう。

 

 

文字にして少し後から読み返してみることで、

 

その時の気持ちを客観的に見ることができます。

 

 

さらに、その時の気持ちと、今の気持ちとで

 

どのように変わったのか、変わってないのかを図ることもできます。

 

 

そして、最も重要なことは、

 

 

どれだけ元カレのことが好きなのか?

 

 

を再確認することができます。

 

 

元カレのことが忘れられなかったり、

 

復縁したいと思う気持ちは大切にしてもらいたいです。

 

 

だって、そんなに想える人に出会えたのってとっても素敵じゃないですか!

 

生涯にそんな人に巡り合えるのって数少ないと思います。

 

ですから、その気持ちは大切にしてほしいです。

 

そして、ぜひ日記に文字として残していきましょう。

 

 

 

連絡を取る

 

思い切って連絡を取ってみるということも方法です。

 

しかし、この場合は、復縁の可能性も出てきますが、

 

冷却期間中の場合だと、うっとうしいと思われてしまう可能性もあります。

 

 

そして、連絡をしても

 

 

何を話していいか分からない

 

 

というケースも多いのです。

 

 

就活の問い合わせではありませんが、

 

元カレと話しをしたい内容は、あらかじめメモしておいて

 

手元においてからした方がいいです。

 

慌ててしまうと、ただの不審電話になってしまいますから。

 

 

また、連絡が取れたとしても、復縁オーラを全開に出してはいけません。

 

連絡が取れたことが素晴らしいのです。

 

復縁については、これからのちの徐々に進めていかなくてはうまくいきません。

 

 

復縁に焦りは禁物です。

 

 

大体、恋愛ごとってあせったら失敗しませんか?

 

人間と人間ですから、ゆっくりいきましょう。

 

 

 

タイミングが大事

 

連絡を取るの項目でもご説明しましたが、

 

連絡を取るにあたっては、タイミングが最も重要です。

 

 

冷却期間を過ぎていない場合は、『うざい』と思われてしまいます。

 

というより、電話等に出てくれない可能性も高いです。

 

 

しかし、きちんと冷却期間を過ぎてからの連絡は、うまくいく可能性が高くなります。

 

何事もタイミングなんですよ。

 

 

どの時点で連絡を取るとうまくいくかは、

 

別れた理由などにもよりますが、3ヶ月後から1年後くらいと言われています。

 

 

できれば、あなた自身の中で、

 

 

元カレが好き!

 

 

って自信を持って言えるときに連絡を取ってもらいたいです。

 

 

その方がうまくいくんです。

 

あなたが、揺れない・ぶれない心で連絡を取るとその気持ちは伝わります。

 

中途半端な気持ちで連絡するのは最悪です。

 

その1回の電話で終了してしまう可能性があります。

 

 

しっかりと自分の気持ちを整理してぶれない心で連絡をしてみてください。

 

 

きっとうまくいきますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ