元彼から連絡がきたからといってあせってはいけない3つの理由

前項では、復縁したいのなら男性心理を知っておこうということをお伝えしました。

 

そして、元彼は、今、冷却期間をおいてあなたのことを思い出しています。

 

楽しい思い出を振り返るうちに、あなたのことが気になりだしてしまいました。

 

 

しかし、男のメンツもあるし、自分は振った側なので、それとなく、

 

「お久しぶり!元気してる?」

 

とLINEをあなたに送ってきました。

 

 

この状況であなたならどうしますか?

 

元彼を復縁のために振り向かせるために必要なことをご紹介します。

 

 

元彼から連絡がきたからといってあせって対応すると失敗する!

探りであることを理解すること

 

分かれて1ヶ月くらいしてから、たわいもないメールやLINEは、

 

元彼があなたのことを探っています

 

 

しかし、これは悪い意味ではなく、あなたのことに興味があるということです。

 

まぁ、興味がないと連絡してくるわけがありませんからね。

 

 

そして、このときの興味があるは、復縁の可能性がでてきていることでもあります。

 

 

しかし、ここで、喜んで尻尾を振ってはいけません。

 

 

あくまでもこの段階では、主導権は元彼にあります。

 

ここから、あなたに主導権を持って来なければなりません。

 

 

このときの返事は、さりげないものが望ましいです。

 

「うん。元気よ」

 

程度がよいでしょう。

 

 

これでイーブンの関係になりました。

 

なぜなら、あなたの近況情報は一切提示せずに元彼の相手を”してあげている”わけです。

 

 

ただし、元彼は、自分が主導権を握っているように感じています。

 

元彼は、あなたから返事が来たことで喜んで安心してしまっているからです。

 

 

ポイントは、この後、元彼から連絡が来てもほったらかしにしてもいいでしょう。

 

安心と不安を元彼は感じているはずです。

 

 

これ以上乗っかると、元彼のペースで進んでしまいますので、

 

相手の興味があるということに対して返事を返すことだけをするべきです。

 

 

適度にじらすことが必要

 

ここで、数日連絡が来ない場合は、少しつついてみましょう。

 

あまりほったらかしにしすぎると、元彼があきらめてしまうことがあります。

 

 

「そういえば、この前何だったの?」

 

 

という感じで返事を返すのがよいでしょう。

 

 

ここからは、適度なじらし期間に入ります。

 

手が届きそうで届かない距離感を保ちながら、

 

最近の自分の身の回りのことを情報提供してあげましょう。

 

 

あまり、食いつき気味になると元彼に主導権がわたってしまいます。

 

 

他の男から言い寄られているなどという情報も有効です。

 

元彼は、連絡が取れていることで、あなたは自分のものと勘違いしています。

 

しかし、ライバルの登場であせるわけです。

 

 

あなたは、そのライバルの存在を知らしめる程度で、

 

あまりその男には興味がないことをさりげなく伝えておくと、

 

元彼は安心するとともに少しあせりだすはずです。

 

 

あなたが魅力ある女性であることに気付くからです。

 

 

メールやLINEで結論を出さない

 

最も重要なことは、復縁について、

 

 

メールやLINEで結論を出さない

 

 

ことです。

 

 

おそらく、メールやLINEで

 

 

「ヨリを戻さないか?」

 

 

とある程度の期間がきたら連絡が来ると思います。

 

 

しかし、返事は絶対に、メールやLINEで済ませてはいけません。

 

 

本当に元彼のことが好きなのか、

 

元彼もさみしさだけからあなたに言い寄ってきているのではないか

 

 

あなたも元彼も判断ができません。

 

 

必ず復縁するかどうかは会ってから決めることが重要です。

 

 

元彼の本気具合もその時にわかります。

 

会わないとわからないことは多いですよね。

 

しっかり元彼の本気具合を確かめてくださいね。

 

 

ここを間違えて、メールやLINEだけで返事をすると、

 

復縁してもうまくいかないことが多いので注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ